« 雪下ニンジンの白和え | トップページ | 新顔野菜 »

さくら

不幸があって、藤枝市(静岡県)まで出かけてきました。

上越新幹線の車窓から見える桜cherryblossomは、今を盛りに咲いていましたが、、静岡ではもうすっかり葉桜に。小雨に濡れた枝先がちょっぴり寂しそうthink

道端に咲く小さな花にも心を寄せる寡黙な義父。
桜の散った穏やかな日に天に召されていきました。享年85歳。

「散る桜 残る桜も 散る桜」 

良寛辞世の句がしみじみと心に沁みました。

|

« 雪下ニンジンの白和え | トップページ | 新顔野菜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生の日記には初めましてです。
(tanyaじゃ誰だかわからない・・・?)

お義父さまのこと、心からお悔やみ申し上げます。
私事ながら、この8日に満開のサクラと共に、私も祖母を見送りました。享年88歳でした。
先生と同じ時に、同じこの良寛さまの句を思っていたのでビックリしながらも涙がこぼれました。

祖母の容態によっては受験を諦めようと思っていたマイスター試験ですが、2次合格しました。
今週末、いよいよ理事長最終面接に行ってきます。


投稿: tanya | 2008年4月15日 (火) 20時05分

tanyaさん、flair分かりますよー。

一日一日を誠実に前向きに明るく過ごしていきたい・・・ と思った次第。

悲しみを乗り越えて、二次試験合格おめでとうございますbell 最終面談も頑張って下さいね。

投稿: tana | 2008年4月16日 (水) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/497057/20244790

この記事へのトラックバック一覧です: さくら:

« 雪下ニンジンの白和え | トップページ | 新顔野菜 »