« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年7月

塩梅

新鮮野菜をたくさん頂いたので、ラタトゥイユを作りました。

Img7d82d07727d7 豊栄産のトマト、玉葱、茄子、胡瓜と冷蔵庫にあったセロリとパプリカで。

ズッキーニの代わり(?)に胡瓜を使って、、、地産地消を実践していますscissors

今回は塩味にこだわってみました。(見た目はいつもと同じだcoldsweats01) 
使ったのは、「宮古島の自然塩 雪塩」。野菜ごとにいつもより少~し強めの塩を振りながら炒め合わせて(オリーブオイルで)、あとは黒挽き胡椒のみ!
力強い野菜の旨味が・・・・旨いッスdelicious 我ながら良くできましたcute

先日、お友達と行ったマリールウで、お料理の塩梅に感動したっshine

塩は、タンパク質凝固作用や脱水作用、食品の保存性を向上させるetc.いろいろな働きによって調理や食品加工に欠かせない存在だけど、過剰摂取が高血圧の原因だとして敬遠されがち。減塩梅干とか減塩味噌、食塩無添加野菜ジュースとか・・・、保存性が低くなる代わりに保存料を使ったり、熟成不足で旨味成分を添加するって如何なんでしょう。(全部の商品がそうだとは思いませんが・・・)って、以前から思っていたの。  
で、restaurantマリールウでお料理を頂きながら、「野菜などの旨味を引き出すには、しっかりした塩味は必要なんだ!」と確信・納得flair
精製塩じゃなくて自然塩だったら身体にもいいはず ですよね。 

お料理は、塩梅が大切です。  
私も、酸いも甘いも噛み分けた好いオンナになりたい・・・・意味違うか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶり・・・・。

一ヶ月ぶりです。 言い訳になりませんが、怒涛の忙しさで・・・coldsweats01

先日、野菜ソムリエ仲間のベジ子さんを講師に「ベジフル・ビューティ講習会」が開催されました。(詳しくはコチラ→http://ameblo.jp/niigata-vegefru/
講習のお手伝いがとても楽しく、ご参加の皆さんからも元気エネルギーをいっぱい頂きましたupup
ティタイムに焼いたcakeケーキが好評だったので、ご紹介しますね。
当日は生地に人参をちょっぴり焼きこんだのですが、今回は作りやすいプレーンなレシピです。

「パイナップルサンドダウンケーキ」
Img7d82ca6f3d3e

材料 (Φ15cm丸型一台分)
薄力粉・・・・・120g(B.P.と合わせてふるう)
B.P.・・・・・小さじ1/5
バター・・・・・100g(室温で軟らかくする)
砂糖・・・・・60g
塩・・・・・ひとつまみ
卵(M)・・・・・2個(溶きほぐす)
レモンの皮・・・・・1個分(すりおろす)

パイナップル・・・・・1/4個分(皮と芯を除き1cm厚さにスライス)

カラメル  砂糖・・・50g、水・・・小さじ2、お湯・・・大さじ2
 (小鍋に砂糖と水を入れて中火で加熱。カラメル色になったら火を止め、お湯を入れてのばす)

作り方
1)カラメルを作り、薄くバターを塗った型に流す。パイナップルを並べる。
2)バターをクリーム状に練り、砂糖、塩、レモンを加え、ホイッパーでフワッとするまでよ~く混ぜる。
3)卵を4~5回に分けて加え、その都度よ~くよく混ぜる。
4)ふるっておいた粉を一度に加え、練らないように混ぜる。(ゴムベラに替えて)
5)1)の型に入れ、中央をくぼませるようにならして焼く。 180℃ 約30分
6)焼き上がったら型に入れたまま冷まし、完全に冷えたら型をはずす。

バターケーキの配合に近いのですが、砂糖控えめ。その分硬くなりがちなので、2)、3)の工程は丁寧に。フンワリ仕上げるポイントflairです。
缶詰のパイナップルでもOKですが、香りとジューシーさはフレッシュパインに敵いませんgood  お試しあれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »