« 2008年7月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年10月

器展

sun好天に誘われ、久しぶりに古町通りをshoe歩いてきました。

上古町はオーバーアーケードの取替え工事中で、なんだか違う街並みのようです。
シャッターの降りているお店も多かったけれど、、、、
sportsの古着やビンテージシューズばかりを集めたお店。
小学校の椅子を並べたような懐かしい雰囲気のhairsalon美容院。
歴史を感じるなんでも屋さん(看板には「○○百貨店」と書いてありました) などなど、
楽しい所もありました。eye

そんななかの一軒で、器展を開催中でした。

池田早季恵・器展  ~31日まで
 イカラカラ(中央区古町通4)にて   19日にはお茶会もあるそうです。

理系大学院出身、異色(?)の若き陶芸家が、地元佐渡外で初めて開催する個展ですって。
他の作家さんの作品もいろいろ並んでいて面白かったです。

近くには、サンドイッチ屋さんがありましたflair。オーダーにあわせてパンの種類やフィリングを変えてくれるようです。

ちょっと出かけないと、街の様子がどんどん変わっていきます。
その新しいパワーに元気を貰えると同時に、古いものを守っていくご苦労にも励まされます。
新しいアーケードができた時、「かみふる」がどんな顔を見せてくれるか楽しみですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月。

急に仕事量が増え、暑さも、オリンピックも、誕生日さえ忘れるほど毎日慌しく過ごしていたら・・・・・・・・9月もあっという間に過ぎちゃって、もう10月じゃん(それも半分過ぎた~っ!)wobblysign03
新米が美味しい!栗や茸、柿も実って、深まる秋の風情maple 季節柄、もう少し落ち着いて、ゆったり過ごしたいなあ と想うこの頃です。

友人から自家製「ニンニク」と「昔ショウガ」(正式名称不明)をいただきました。(だいぶ前ですけどねcoldsweats01
Img7d838bbba410

「ニンニク」は100gもあります。
皮をむいても玉葱のようで、粒に分かれていないんです。主張のない優しい香りです。

「昔ショウガ」は、皮に艶があって綺麗な黄色です。
辛味が少なく皮ごと使えて香りもGood!

ニンニクとショウガでパワーをつけてpunch頑張れってことですねっ? ・・・・・・はいっsign03

ということで、作りました。「長芋の甘味噌炒め」。

Img7d838bbba45e_2

長芋、ピーマン、長葱と豚肉を生姜・にんにくを効かせて炒めます。
味付けは、、、回鍋肉に似ています。
甘辛味でriceballご飯がすすみますnote

詳しいレシピは「理沙のワクワクお台所」で探して下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NIIGATA秋のパエリア

先日、催された「第2回べジフルビューティ講座」(詳しくは新潟ベジフルクラブをご覧ください。)で作ったパエリアをご紹介します。

20081004_22_3

NIIGATA秋のパエリア  (28cmパエリアパン1台分)
《材料》
米・・・・・2カップ(研いで水を切る)
鮭・・・・・200g(一口大に切る)
南蛮海老・・・・・12尾
あさり・・・・・1パック(洗って水気を切る)
粗挽きソーセージ・・・・・4本
パプリカ(赤)、いんげん、プッチーニ、エリンギ
トマト(小)・・・・・1個(粗みじん切り)
玉葱・・・・・1/2個分(みじん切り)
にんにく・・・・・1/2片(みじん切り)
オリーブオイル・・・・・大さじ4
A(ブイヨン・・2カップ、白ワイン・・1/3カップ、サフラン・・0.5g、塩・・小さじ1)
レモン、黒オリーブ

《作り方》
 パエリアパンひとつで作ります♪
1)鮭と海老に軽く塩、胡椒をふり、オリーブオイルで炒めて取り出す。(表面に軽く焼き色をつける。中心まで火が通っていなくてもOK)
2)にんにく、玉葱、ソーセージ、米を炒める。
3)トマト、Aを加えて混ぜ、全体を平らにする。鮭、海老、あさり、パプリカを彩りよく並べ、水分がなくなるまで中弱火で炊く。
4)アルミホイルをかぶせてオーブンへ。250℃15分加熱後15分蒸らす。
5)茹でたいんげん、オイルを絡めてグリルで焼いたプッチィーニとエリンギ・しめじ・舞茸、レモン、オリーブを添える。
レモンを絞って、、、どーぞ。  
鶏肉を入れると旨味はさらにupしますが、今回は他に美味しい鶏手羽中肉のスープがあったので使いませんでした。メニューのバランスも大切です。

camera写真を撮るのをすっかり忘れておりましたcoldsweats01が、野菜ソムリエ・本間氏よりご提供いただきました。
ありがとうございました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年1月 »