« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

マーマレード

中途半端に残っていた柚子金柑レモンオレンジを全部一緒に煮て、大好きなアレを作りましたscissors

2

「ミックスマーマレード」 マーマレードの作り方はこちら→。 んん~~ん美味delicious

Photo

おまけの柚子種ハンドエッセンス(勝手に命名smile 柚子種+bottle=お肌に優しいのですwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケソウダラ、マダラ、コマイ・・・fishの仲間が美味しい季節です。 鱈ちり、鱈汁は身体が温まりますし、淡白なので煮ても焼いても色々なお味で楽しめます。

これも美味shine
Photo 「マダラの昆布じめ」

鳥福さんで頂きましたdelicious

美味しいものがあると、bottle進みますbleah
翌日が辛いので、呑みすぎに注意sign03 と自戒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いっ!!

早朝、ふわふわ積もったsnow雪の下は、つるっつるに凍っていましたsweat01

小さな水溜りにも氷が張って、見ているだけでぶるぶる~wobbly

Photo こんな感じ。

何気ない日常の風景を和菓子で表現できる、日本人の感性って繊細で素晴らしいーflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなのための本

故児玉清氏がbook「人生の書」という一冊。

ダニエル・ゴットリーブ「人生という名の手紙(Letter to Sam)」
障害をもつ筆者が障害のある孫Samに当てた手紙の形で綴ったメッセージ。
優しい温かい言葉で、人はどう生きるべきかを語っています。

世界を救えなくても人を思いやることはできる
大切なのは「今、何者か」より「これから何をするか」・・・・・

生きていく上で忘れてはならない大切なことを教られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびvsかに

Photo_10
リーズガーデンで頂いたscorpiusエビチリは、最近注目度upの「天使の海老」でした。
偶然ですが、私もおせちの具足煮に使いました。

“天国に一番近い国”ニューカレドニア産「天使の海老」は清潔安心安全ですし、軟らかい皮まで美味しいです 

新潟で、この時季美味しい甲殻類といえば、、、、

Photo_11

やはり、cancer女がに」でしょぉ~sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみくじ

何年ぶりだろう・・・・・・おみくじ。

金沢諸江屋さんの「辻占 福寿草」

2012
「なたほかれ」じゃないね。  ほ・れ・た・な・かって「惚れた仲」? smile
判じ物みたいな絵は何だろう。 ゴミ箱とちりとり? 臼と杵? ???

???だけど、何だかほっこりheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年会

勉強会のあと、今年も新年会は神戸リーズガーデンで。

Photo_2 Photo_3
Photo_4 Photo_5
  フカヒレの土鍋煮込みは、清湯が極上shine 姿煮より上等のフカヒレは解れています。

Photo_6 Photo_7
Photo_8 Photo_9 (同じカメラなのに写真の大きさが違っちゃうのはナゼ?観難くてごめんなさい!)

美味しいものをおなかいっぱい頂いて、パワーアッ~プpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静謐な光の描写と色遣いが大好きな、フェルメールの展覧会を観てきました。
フェルメール・ブルー」を観賞できて感激shineshine

展覧会今回のテーマは「手紙loveletter

単純なので、触発され、、、、

Photo 銀座伊東屋で一筆箋を購入。

長い手紙を頂くのは嬉しいけれど、
差し上げる場合は、受け取った方の負担を考えて“短くひと言”ということが多いので、目に付くと買っちゃいますwink  何気なく選んだけれど、いつになく・・・・。 今年の心境(?)かな。

ネット社会になって何でもメールで済ましがちですが、自分の文字で気持ちを伝えたいな  と思います。

clipフェルメールからのラブレター展」は、Bunkamura・ザ・ミュージアムで3月14日まで開催

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賀春☆

fujiあけましたwink
  おめでとうございますsun

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします
本年もどうぞよろしくお願いいたします

08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »