書籍・雑誌

みんなのための本

故児玉清氏がbook「人生の書」という一冊。

ダニエル・ゴットリーブ「人生という名の手紙(Letter to Sam)」
障害をもつ筆者が障害のある孫Samに当てた手紙の形で綴ったメッセージ。
優しい温かい言葉で、人はどう生きるべきかを語っています。

世界を救えなくても人を思いやることはできる
大切なのは「今、何者か」より「これから何をするか」・・・・・

生きていく上で忘れてはならない大切なことを教られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)